生チョコと牛乳が固まらない時の原因と対処法は?

生チョコって美味しいですよね。
自分で生チョコを作る人も多いのではないでしょうか?

売ってる生チョコもいいと思うんですけど、自分で作るならいろんなアレンジも出来ていいんですよね。
「自分の好みの味に仕上げられる」し、安く出来るし、いい事ばかりです笑

Sponsored Link

女性の場合は、バレンタインチョコに生チョコ作る場合もありますからね。
作り方だけは覚えておいて損はないんじゃないかな?と思います。

 

生チョコを作る事自体は、それほどは難しくないです。
ですが、作っていく過程でいちばん難しい事は、
生チョコが固まらない事ではないでしょうか?

けっこう簡単に作れそうな生チョコですが、失敗する時の原因としては、
固まらない事が多いんです。

 

生チョコが固まらない時の原因と対処法

生チョコを作る時は、チョコレートと牛乳を使います。
あ、でも牛乳よりも生クリーム(液体状のもの)を使ったほうがいいですね。
(固まりやすさではなく、味の問題です)

Sponsored Link

やっぱりね、牛乳と生クリームだと、仕上がりがぜんぜん違うんですよね。
まあ、生クリームのほうが高いんですけどね汗

固まらなかった生チョコの原因としては、作る過程にある事が多いんですよね。
なので、簡単な生チョコの作り方を書いて行きますね。

 

まず、チョコレートを溶かす時に、牛乳または生クリームを、
鍋で火にかけますよね?
実はこの時の温度が重要なんです。

チョコレートって、夏場はすぐに溶けちゃいますよね。
熱に弱いのがチョコレートの性質です。

なので、チョコレートを溶かす時に、それほど高い温度はいらないんです。
でも、牛乳や生クリームを沸騰するくらいまで温めてしまうと、
その後で、固まりにくくなってしまうんです。

 

なので生チョコを作る時は、牛乳などは軽く温まり始め、
牛乳の表面に気泡が出てくるくらいでも大丈夫です。

弱火~中火くらいの火加減で、沸騰させないように気をつけながら、
少しずつチョコレートを溶かしていくのがコツですね。

あとは、チョコレートが溶けやすいように細かく刻んで、
牛乳を沸騰させない温度でチョコレートを溶かしていって、
よく混ぜ合わせる事ですね。

 

もう1つコツがあるのですが、生チョコを固まらせる時は、
冷蔵庫で冷やしますよね?
ここを、冷凍庫で冷やしても固まりやすいです。

よくあるのが、チョコレートを沸騰させるまで温めて、
冷蔵庫で冷やして固まらない事なんですよね。

 

ここを「沸騰させないような温度にする事」と、
「冷凍庫で冷やして固める事」に変える事で、
生チョコを作る時に失敗する確率はかなり下がりますよね。

もし今まで、牛乳や生クリームを温める時に沸騰、
または沸騰に近い温度まで温めていた場合は、
ここが失敗に繋がっている可能性があります。

 

もう1つの失敗理由としては、
アレンジしてチョコレートの量を減らした場合ですね。

チョコレートを減らして牛乳・生クリームの量を増やした場合は、
若干ですが固まりにくくなります。
なので、チョコレートを増やしても固まりやすくなります。

まずはこのあたりに気をつけて生チョコを作ってみると、
失敗も減って、おいしい生チョコが作れると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。