オオカミウオは食用で味やレシピは?水族館で最大体長は何メートル?

どうもです(・ω・*)

魚っていろいろな種類のやつがいますよね。
その中でも「海のゴジラ」とも呼ばれている、ものすごいやつがいるんですよ・・・
なんかもうね、モンスターですよ汗

Sponsored Link

その海のゴジラなんですけど、正確な名前は「オオカミウオ」と言います。
名前に「オオカミ」てついてるだけで強そうなのに「海のゴジラ」とか、
狼なんだかゴジラなんだかわからないです汗

 

でもまあ、オオカミウオって見てみないとわからないですよね?
見た目どんなやつなのかというと、こんなやつです。

 

こわっ!!!
こんなんもう、ドラクエとかの中ボスじゃないですか汗

これは怖いです。なんか強そうです。
そもそも、オオカミウオの生態とかどうなんでしょうね?

 

オオカミウオの生態は?

まずオオカミウオなんですけど、どう猛そうに見えて、意外とおとなしいんだそうです。
どう見てもどう猛なイメージですけどね笑

Sponsored Link

でも、アゴが発達していて強く、決してなめては行けないみたいです。
オオカミウオからは「あんまり」攻撃はしてこないんですが、して来ると大ダメージ必死です。
(「あんまり」って事は、攻撃してくることもあります汗)

オオカミウオは、普段は貝とか食べてます。
食べ方は「貝殻ごとバリバリ食べる」という事です。
はい、人間の指くらい、簡単に骨折させます汗

 

カニとかだって、そのまま噛んで食べちゃうみたいです。
これは、相当なアゴの強さですよ汗

なのでオオカミウオは、人懐っこいとかではなく「おとなしい」という感じですね。
油断してたら指とか手とか噛まれますよ汗

 

また、オオカミウオの体長はだいたい50センチくらい。
でも、最近は巨大化している事も多く最大で2メートル近くになるやつもいるんだとか。

貝殻とかカニとかそのまま食べるやつが2メートルとかあったら、こっちは大けがしますよ泣
まあ、だいたい体長1メートルまで、それ以上になるやつはホントにごくわずかみたいですよ。

逆に、こんなゴツいのが2メートルあってウヨウヨしてたら、
海にいる生物とか絶滅しますよ・・・

 

でも、水族館にもオオカミウオっているみたいです。
やっぱり最大でも、体長1メートルくらいみたいですね。
全国探せば、1メートル超えのもいるかも知れませんね。

 

オオカミウオが食用?味やレシピは?

オオカミウオってこんなゴツいですが、実は食用なんです。
まあ、全国的に流通しているんじゃないんですけど、獲れるところでは食用で食べられているみたいです。

オオカミウオは、東北とか北海道で獲れるみたいです。
このあたりでは、けっこう食べたことがある方も多いのかも知れないですね。
味にクセがなく、淡泊なので食べやすいんだとか。

Sponsored Link

レシピ的な事で言うと、まあわかりやすく言えば、
フライにして食べたり、ムニエルにして食べる事が多いみたいです。
(wikipediaに書いてありました笑)

まあ、フライと言っても「オオカミウオのフライ」ではなくて「白身魚のフライ」として出て来ます。
なので、知らないうちにオオカミウオを食べているかも知れません笑

 

でもこれは北海道とかの話で、関東とか南のほうだと、きっと食べたことはないと思います。
ぶっちゃけ白身魚のフライなんて、他の魚で代用出来ますからね汗
(スケトウダラの白身魚が全国的に多いみたいです)

他には、醤油とか付けて焼くのも美味しいみたいですね。
でも、刺身にするとそれほどは美味しくないらしいです。
(まずくはないみたいなんですけどね)

結論としては、生で食べるよりも火を通す事で美味しい魚なんでしょうね。
白身魚のフライとか、普通に美味しそう・・・

 

ちなみにこれは、新江ノ島水族館のオオカミウオです。

これも、体長1メートルくらいあるみたいですね。
やっぱり中ボスですよ、怖いですし笑

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。