マッスルショットの反射で弱点(絆創膏)に当てる方法やコツは?

どうもです(・ω・*)

マッスルショットやってると、理不尽な面が多少(というか多々)ありますが、中でも多くの方が経験するのが、
「反射キャラで、相手の絆創膏に攻撃が当てられない」という事ですね。
これってバグとか不具合ではないらしいんですが、ホントに全くあたりません汗

Sponsored Link

だんだん反射の強キャラも増えて来ているんですけど、いざという時に絆創膏に攻撃が当てられないと、戦況がかなり厳しくなりますよね。
正確には「弱点に当たっても、ダメージが2倍にならない」んですよね。

 

貫通キャラだと、普通に絆創膏に攻撃当てれば、ダメージ2倍計算になります。
でも反射キャラだと、確実に当たっているの2倍にならない事が多いです。

猛襲バトルなんかで、「こちも負けそうだけど、この反射キャラの攻撃が弱点に当たれば勝てる」という場合に、弱点に当たってるのに2倍にならず負ける・・・なんて事も、
コロシアムも含めれば、相当数あると思うんですよ。
ホントに勘弁して下さいDeNAさん泣

 

どうやら貫通と反射では、当たり判定?が違うみたいです。
貫通キャラなら、こんなに悩まされる事もないのに汗

Sponsored Link

特に猛襲カオスなんて、基本は反射キャラじゃないと行けませんよね。
ゼリーボディが貫通キャラの動きを止めるので、「反射キャラで絆創膏を狙えない」というのは、けっこう致命的です。
(轟ゴールドマンもゼリーボディ出て来ますね)

そこで、ある程度は反射キャラでも、絆創膏に攻撃を当てられる方法をご紹介します。
確実に当たるわけではないですが、かなり改善すると思います。

 

 

まず、反射キャラを「四角いキューブ」だと思って下さい。
□←こんな真四角のイメージですね。

で、キャラの四隅が尖ってますよね?
この尖っている部分を、相手の弱点に当てるイメージです。

 

画像があったほうがわかりやすいと思うので、攻略wikiから画像を拝借してきました。

もしこの画像で、マリポーサに100トンで弱点狙うとしますよね?
(100トンは敵ですが、位置関係でちょうどいいのがいないので、100トンを自分だと捉えて下さい)

これでそのまま弾くと、マリポーサの弱点に「100トンのカド」は当たりません。
つまりダメージ2倍にならないと。

でも少しずらして弾いて、「100トンのカド(この画像で言うと100トンの左下)をマリポーサの弱点に当たるように弾く」と・・・
ダメージ2倍になりやすいです。
(カドが弱点に刺さるように弾くといいですね)

 

反射キャラで弱点当てて2倍にならない時って、だいたいはカド以外の部分が先に当たってるんですよ。
それだとなぜかダメージ2倍になりません。

でも「弱点に自キャラのカドが刺さるように弾く」と、2倍になりやすいです。
特に、相手の弱点が四隅どこかに出ていて、その弱点に自分四隅どこかを当てに行くと、2倍になりやすいです。
個人的には、真横とかに弱点出てると、若干狙いづらいですね。

 

まとめると、貫通キャラは普通に「弱点に向かって弾く」でOKです。
反射キャラは「弱点に自分の四隅を当てるイメージで弾く」でOKです。
なので、貫通のイメージで反射キャラ使うと、
ほとんど2倍にならないんですよね汗

これ、急襲とか来襲で練習して見て下さい。
何回かやると、コツが掴めると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。