明石家さんまが破局の婚約者彼女は誰で名前は?芸能人やモデル?

どうもです(・ω・*)
最近、暑くて暑くてたまらないですね汗

 

さて、個人的には天才だなと思う芸能人の1人・明石家さんまなんですけど、
やっぱ、自分を犠牲にして笑いを取れるのはすごいと思うんですよね。

普通の人はミスを隠したがります。
ですが明石家さんまの場合は、そこで1つの笑いに繋げます。
ここ、さすがですよね汗

Sponsored Link

よくナインティナインの岡村隆史にも、
今ので笑い1個、損してるで!

のように、電話とか楽屋で説教をしているみたいです。
笑いに貪欲な姿、さすがです笑

 

そして、また明石家さんまが、過去にあった事を笑いに繋げているんですが、
なんと、明石家さんまは過去に、婚約者がいたらしいです汗

まだ携帯電話がなかった時代と言っていたので、たぶん大竹しのぶとの結婚前。
恐らくは明石家さんまが、まだ20代とかの話だと思います。

こんな事を聞くと相手の女性がどんな人だったのか気になりますよね笑
一般人なのか、芸能人なのかという疑問があります。

 

明石家さんまが破局の婚約者彼女は誰で名前は?

で、ここで思ったんですけど、きっと明石家さんまの性格から、
過去に1度は、その相手の事をテレビで話しているはずだと。

Sponsored Link

笑いを取る為に自己犠牲も考えている明石家さんまなので、婚約者と破局の話はしていなくても、それに近い話はしているはずだと予想しました。
そして、ある話を思い出しました。
(明石家さんま本人が、テレビで話していた事ですが)

 

確か明石家さんまは過去に、飲み屋のお姉さんと仲が良かった時期があったはずです。
なので、その人が破局した相手なら、婚約破棄になった人は一般人だと思います。

ニュースでは、ADのミスで、横山やすしのメガネが割れてしまったと。
そこで横山やすしが激怒して、番組の収録に時間がかかり、その婚約者は「待ち合わせをすっぽかされた」と判断して、明石家さんまと別れたんだそうです。

 

ここまででわかるのは「携帯電話がなかった時代」と「横山やすしと一緒に仕事をしていた時代」です。
やっぱ、明石家さんまが20代後半くらいの時だったのかなあと。

そして飲み屋のお姉さんの話も、明石家さんまは「若い頃」と表現していた記憶があるので、時期としては重なるかなと思います。
という事で、明石家さんまが婚約破棄して破局になった彼女は一般人で、飲み屋のお姉さんではないか?という仮説ですね。
真相は、当事者のみぞ知るって感じですが汗

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。