迎え火の仕方ややり方でまたぐ理由と時間は?お盆の送り火と違いは?

お盆には「迎え火」という風習があります。
ご先祖様をお迎えする、大切なものですね。
こういった風習って大切だとは思うんですけど、いざ自分がやってみるとわからない事のほうが多いんですよね汗

Sponsored Link

最近だとこういった習慣って、しない人がどんどん増えてきているじゃないですか?
もちろん、しようと思ってもわからなく、どんどん時間が経ってしまうというのもわかります。
ですが、出来るならしたほうがいいと思います。
いやホントに、大切なご先祖様なので汗

 

迎え火のやり方でまたぐ理由とは?

お盆には、迎え火や送り火をする習慣がありますよね。
そのやり方で、迎え火をまたぐ方法があります。
それでは、その理由は何なのでしょうか?

 

迎え火のとは、お盆などに行なわれる事が多く、客人や神霊を迎える為に
焚かれる火の事です。
オガラ(皮を剥いだ麻の茎)を積み重ねていき、そこに火をつけるのが
迎え火です。

このように、お盆にご先祖様をお迎えするという意味合いがあるのですが、
迎え火をまたぐ理由は病気から身を守るという意味がある為です。

地方によってやり方はまちまちですが、迎え火と送り火のついて、
ちょっと書いて行きたいと思います。

 

迎え火と送り火のやり方

まず迎え火でご先祖様をお迎えして、送り火でご先祖様をお送りするという
意味があるので、基本的には迎え火と送り火は両方する事になります。

お盆の時期に、まずは迎え火をします。
夕方頃に、家の前などで焙烙(ほうろく)の上にオガラを置き、火をつけます。
焙烙とはこちらですね。

何でも香ばしくなる、ホーラクはとっても便利!清水焼 焙烙(ほうら...

清水焼 焙烙(ほうらく・ほうろく・ホーロク)

Sponsored Link

 

 

火を使う事で、火災の原因にもなりかねないので、最近では火の替わりに
提灯を下げて迎え火とする場合もあります。

それから3日後に、送り火をします。
この時に、灰になったおがらをまたぐ事が必要です。
またぐ方向は家の玄関から、外に向けてまたぎます。

 

地方によっては、迎え火の時点でまたぐ事もあるのですが、
火を使っていますので、送り火の時(つまり、火が消えている時)にまたぐほうが
安全だと思います。

燃えて残った灰(おがら)は、普通にゴミとして捨ててしまっても
問題ありません。

けっこうですね、この「おがらの処分」で、困る人、わからない人が多いみたいです。
確かに、捨てていいのかって思っちゃいますよね。

 

迎え火の時間について

迎え火の時間は、地域によってまちまちです。
お盆の時期はだいたい8月13日から15日にかけてですが、
東京の迎え火は1ヶ月早い、7月13日から15日です。

ただ、必ずこの日付である必要はありませんので、
東京でも8月に迎え火をするのに問題はありません。

 

迎え火も送り火も、夕方頃から行ないます。
時間にすると、夕方の5時~7時の間くらいでしょうか。

明るいうちにご先祖様をお迎えする事と、夏場は夕方でもこのくらいの時間は
空が明るいので、多くの地域ではこの時間に始めるようです。

 

地域ごとの迎え火の違い

迎え火のやり方は、地域によってかなり違います。
時間帯や使うものも違うのですが、必ずこの方法でなくてはならないと
いう事もないので、恐らくは全ての地域で無難に行なえる迎え火の方法は、
こちらに書いたものだと思います。

 

簡単にまとめると、

1・お盆の時期に、焙烙とおがらを用意する

2・おがらに火をつけて、おがらを燃やす

こうなりますが、おがらを使わない地方もありますし、
火を使わないでする方法もあります。

 

ただ、大切なのはご先祖様をお迎えする気持ちだと思います。
地域の差や、細かい違いは仕方のない事だと思いますので、
まずは焙烙とおがらで迎え火をしてみて下さい。

また、迎え火をする前には仏壇の清掃をした後で迎え火をすると、
ご先祖様も気持ちよくお越しになると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。