リケッチア症候群の症状とは?刺された(噛まれた)時の対処法や病院は?

どうもです(・ω・)

最近、リケッチア症候群というものが流行っているみたいですね。
アウトドアでマダニなどに噛まれる事で、リケッチアという細菌が体内に入り込む事でおきます。
リケッチア症候群の症状とか対処法など、わかっていたほうがいいですよね。

Sponsored Link

このリケッチア症候群、他にも「リケッチア感染症」とか「リケッチア症」と呼ばれることが多いですね。
正確には「噛まれる事で細菌感染する」のですが、刺される事と間違う方も多いみたいです。
正確には刺すのではなく、噛むですね。
まあ、厄介な虫の一部なんじゃないかとは思いますね汗

 

こんな虫、けっこう多いですからね。
しかもマダニって、噛む時に牙みたいな部分を刺して、それが人間の体内でL字型になるので、強引ににマダニを剥がしちゃうと、この牙みたいな部分が体内に残って危険らしいです。

最悪の場合、患部付近を切って摘出する必要があるとか。
全くもって鬱陶しい虫なんですけども汗

 

さて、このリケッチア症候群なんですけど、症状はいろいろとあります。
40℃近い高熱(または40℃以上)、頭痛、関節痛、倦怠感(だるさ)などですね。
風邪とかの病気と間違いやすいのもちょっときついんですよねこれ。

Sponsored Link

医者の人も、リケッチア症候群と風邪などを間違う方が多いみたいです。
まあ、アウトドアの後とかでリケッチア症候群らしい症状が現れた時は、
リケッチア症候群を疑う方がいいみたいですよ。
また、リケッチア症候群が起こるのはマダニとツツガムシみたいです。

 

ちなみに、さっき調べたら間違ってました汗
マダニなんですが、牙がL字型というよりは、歯にあたる部分がギザギザになっていて、無理に取るとギザギザが引っかかって大変、と言うことですね。
まあどっちにしても、歯の部分が残ったら皮膚を切って取り除く必要が出て来る事が多いんですけどね汗

 

 

ちなみにマダニって、葉っぱの裏側とかに潜んでいる場合が多いみたいです。
そこから人間の皮膚に噛みついて、吸血をすると。
この時に、リケッチア症候群に感染する可能性があります。

マダニの取り方なんですが、先述の通り、無理矢理とったらダメです。
歯が残る可能性があるので、絶対ダメです汗

 

病院が近ければ(マダニが刺さったまま)病院に行くのがいいですが、他の方法では、

1・殺虫剤をティッシュや綿棒などにつけてマダニに付ける
(マダニが逃げていくそうです)

2・ワセリンを綿棒などに塗って、皮膚とマダニの間に塗る
(マダニが呼吸出来なくなり、やっぱり逃げていくんだそうです)

なのでアウトドアの時はワセリンなどが必要ですね。
あと綿棒とかティッシュも常備するといいかと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。