ブライトスターズ(ウガンダ)の買収額はいくら?有名所属選手は?

どうもです(・ω・)

本田圭佑(サッカー)が、ウガンダにあるブライトスターズFCというサッカークラブを買収しました。
これで本田圭佑は、オーストリアのSVホルン、カンボジアのSOLTILOアンコールFCに続き、3チーム目の買収となりました。
「3つのチームのオーナー」と考えたらなんかすごいですね汗

Sponsored Link

なんでもウガンダって、アフリカでは比較的、安全な地域みたいです。
でもまあアフリカ自体の治安があんまり良くないので、そこに比べればというだけなので、決して「他の国や地域よりも平和」って事ではありません汗

アフリカとか南米って、治安が悪いところは本当に悪いですからね・・・
正直、あんまり率先して行こうとは思わない感じですよね汗

 

本田圭佑もこれで3チーム目。
いったいくらで買収したのかが気になるところですよね。

まあ本田圭佑の年俸が、今までを平均すると2億~4億の間くらいになると思います。
なので、10億円くらいなら買収出来る金額なんじゃないでしょうか?

正直、ブライトスターズFCには有名な選手って皆無です。
アフリカと言う事もあり、選手の年俸も安ければ数百万円くらいじゃないでしょうかね?

そこを考えたら、10億もかからないかも知れません。
欧米とかのチームだったら、それ以上とかも有り得るんですが・・・
ブライトスターズFCの買収額って、本田圭佑の年俸の1~3年分くらいじゃないでしょうか。

Sponsored Link

 

でですね、もっと詳しく調べて行くと、欧州のサッカークラブで2部に該当するクラブチームは、そのチームにもよりますが「1~5億円」くらいで買収出来るみたいです。
おお・・・意外と安いかも知れないですねこれは汗

ただ、そこに選手の年俸だったり、マネージャー(監督)やコーチなどの人件費、グラウンドの維持費や整備費などを合わせると、やっぱり10億円とか超える場合もあるそうです。
さすがに人件費はどんな事でも高額になりますよね。

なので、アフリカでサッカーがそんなにさかんではないウガンダの場合、買収だけなら1億円もかからないのかもしれません。
先述の通り、人件費や維持費は別になっちゃうんですけどね。

 

でも仮にブライトスターズFCが1億円とするじゃないですか?
あとは人件費やらなんやらが、年に5億円かかるとします。
それでも年額6億前後で、サッカークラブが持てるって事ですよね。

もちろんそこから、チケットの購入だとかスポンサーとかで、入ってくるお金もあります。
なので現在の本田圭佑の年俸(推定3億円くらいらしい)でも、今までの貯金とか合わせると、経営していけるだけの余裕はありそうですよね。

まあでも、3チーム合わせたらかなり大きな金額になると思いますが・・・
さすがに現時点ではプラス収益にはならないと思います。

 

ただ本田圭佑自身は、利益度外視でやっているみたいです。
ブライトスターズFCに関しては、2020年までにこのクラブから、ウガンダ代表の選手を輩出する事が目的らしいです。
この目的、なんかいいかもしれないですね笑

ホントにウガンダ代表選手が出てこれば面白いと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。