ファシリティドッグのハンドラーとは?仕事内容や犬の役割は?

どうもです(・ω・*)

最近の聞き慣れない言葉で「ファシリティドッグ」というものがあります。
これは医療関係の犬の事なんですけど、正直言うとどんな内容なのかわからないので、調べてみることにしました。
なかなか大変みたいですよ汗

Sponsored Link

まず、ファシリティドッグのハンドラーという職業があります。
これはファシリティドッグ(つまり医療関係の仕事が出来る犬)に専属でつくトレーナーさんみたいな感じですね。
主に子供の病室だったり、手術室に同行する事が多いみたいですね。

現時点で、ファシリティドッグは3頭しかいません。
なのでファシリティドッグのハンドラーも、犬と同数の3人だけって事になります。
日本で3人(3頭)しかいないって、よく考えてみるとすごいですよね汗

 

このファシリティドッグのハンドラーになるには、犬に対して誘導とか命令が出来るようにならないと行けないのと同時に、
医療関係にも詳しくならないといけません。

まあ、考えてみればそうですよね。
医療関係の事がわかっていないと、犬に命令も出来ません。
そう考えたら、ものすごく大変そうですね・・・

日本に3人しかいないのも、分かるような気がします。
特に子供だと、人間同士ではなくて、「動物がいれば心が安まる(落ち着く)」といった効果もありますからね。
自分が子供になったつもりで考えると、確かに動物とかがいるとちょっと和んだりする瞬間もあるかも・・・
けっこう病室に1人とかって、不安でしょうしね。

Sponsored Link

 

でも、ファシリティドッグのハンドラーになるためには、

・犬がファシリティドッグとしての訓練を受ける

・人がハンドラーとしての資格を取る

って事なので、ちょっと難しいですよね。

世の中にはいろいろな仕事があると思うんですけど、ハンドラーって「犬に対しての知識」と「医療に関する知識」があるわけですよね。
これ、勉強量とか半端じゃないような気がします汗

 

いまざっと調べたら、まず犬と病院に同行する必要があるので、運転免許は必須みたいです。
他にも看護師の資格を持っている必要があるみたいです。

ファシリティドッグのハンドラーって、給料とかいくらなんでしょうね?
月給なのか日給なのか不明ですし、たまに年給でもらう人も多いですよね。
このへん、調べてもわかりませんでした。

まあ、大変な仕事だと思います。
結果的に、車の免許、看護師としての資格、犬の管理(お手入れやブラッシングなどを含む)が必要になります。
この条件を満たせる人自体が、相当少ないような気がします。

 

まだファシリティドッグのハンドラーってなり手が少ないみたいですし、医療関係ということで、給料はそれなりにいいんだと思います。
でもそれ以上に、体的に過酷な感じなんじゃないでしょうか?
体力とかがしんどそうな気はしますね汗

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。