猪野屋博医師(いのやひろし)の顔画像や経歴は?イムス三芳総合病院

どうもです(・ω・*)

 

ちょっと有名な話なので、知っている人も多いと思うんですけど、沖縄県の高校生・崎元颯馬(さきもとそうま)くんが叔父の法事に出かけた時、飛行機代などが入った財布を紛失してしまったそうです。
そこで、見知らぬ白髪の男性が、崎元颯馬くんに6万円を貸してくれた方を探していて、見つかったのが猪野屋博医師でした。

名前、「いのやひろし」でいいんでしょうかね?
年齢は68歳で、イムス三芳総合病院で神経内視鏡センター長をやているみたいです。

Sponsored Link

 

なんか、すぐに見つかって良かったですよね。
なかなか見つからないと思いきや、早い段階で再会・・・はまだしていないんですが、お金を返す時に再開すると思います。

 

この猪野屋博医師、もともと母親が沖縄県出身なので、沖縄に帰るみたいなんですよ。
そこで、困っていた高校生を見かねて、6万円を飛行機代として貸したみたいです。

 

猪野屋博医師、やっぱり医者の先生と言う事で、困った人を放っておけなかったんでしょうね。
なかなか見ず知らずの人に、6万円なんて貸せないですよ汗

 

 

 

そして、たぶんこの方の顔画像が載っていると思われる、イムス三芳総合病院のホームページなんですけど、今現在はサーバーダウンしています。
たぶん、みんな見に行ってるんじゃないでしょうか?

 

高校生の話では、白髪の方という事しかわかっていません。
もしかしたら、今後ニュースなどになった時に、顔画像とか写真が載るかも知れないですよね?

Sponsored Link

 

現状では、サーバーダウン中で何もわからないですが、落ち着いたらちょっとサイトを見てみようと思います。
けっこういろいろなニュースがあると思うんですが、こういうほっこりニュースは少なくなっちゃいますし、話題としては充分ですよね。

 

最近では交通事故とかのニュースが多い中、「恩人探し」ってやっぱり新鮮です。
中には「返さなくてもいいや」と考える人もいるかもと思うので、
崎元颯馬くんの行ないは素晴らしいと思いますし、猪野屋博医師も素晴らしいですよね。

 

 

猪野屋博医師に関して、今の時点でわかる経歴はこのような感じです。

・2019年現在はイムス三芳総合病院(埼玉県)の神経内視鏡センター長

・昭和51年に新潟大学医学部を卒業

・昭和58年に東京大学の脳神経外科文部の教官に

・昭和62年に都立荏原病院(えばらびょういん)の脳神経外科医長に

・平成2年に沖縄県立那覇病院の脳神経外科部長に

という、輝かしい経歴でした。
沖縄でも病院に勤めていた事があるんですね?

 

出身は新潟大学、母親が沖縄県出身と言う事で、
猪野屋博医師の父親は新潟県出身かも知れません(憶測です)
そして、母親が沖縄県出身というのは事実となるみたいです。

 

そして、別サイトで猪野屋博医師の顔画像を発見しました。
思っていたとおり、温厚そうで優しい笑顔の持ち主でした!
北星記念病院

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。