かき氷のブルーハワイは何味で由来は?いつからで原料やカロリーは?

どうもです(・ω・*)

 

夏と言えばかき氷ですけど、夏じゃなくても食べちゃうくらいポピュラーな食べ物ですよね?
味はイチゴ、メロン、ブルーハワイなどありますが、ブルーハワイって何味なんでしょう?汗

 

由来とか原料やカロリーも気になるので、調べてみる事にしました。
いつからブルーハワイ味があるのかも、地味に謎じゃないですか?

Sponsored Link

 

まず、ブルーハワイの味に関してです。
これ、ちょっと驚いたんですけど、味は1つじゃないみたいです。
それでも、表記上は「ブルーハワイ」で、まあお店によって味が変わるけど、食べないとわからない、みたいな部分はあるみたいです。

 

 

基本的にブルーハワイは、ソーダ系の味が多いみたいです。
他にもピーチ系とかもあるみたいです。

 

ただ、果汁が入っていると言うよりは、香料が入っているほうが多いみたいです。
イチゴ味とかメロン味に関しても「果汁じゃなくてイチゴ(メロン)香料が入っている」というだけで、
味だけに関して言えば、そんなに変わらないんですよね。

 

ブルーハワイ味を含む、他のシロップの原材料は、糖分と香料がメインになります。
たまに果汁が入っているシロップもあるんですけど、香料で味付けを変えているところが多いみたいです。
市販のシロップを見てみると、けっこうわかりやすいと思います。
「あ、香料だけで果汁はゼロなんだ汗」みたいなシロップも、見つけられると思います。

 

 

 

ということでまとめると、ブルーハワイ味はソーダ系やピーチ系など、いくつかの味があります。
ただ、ほとんどは香料になっちゃいますね。

 

原材料に関しては、ブドウ糖などの糖分、香料、レモン汁などがベースになっている事が多いようです。
レモン味じゃなくても、けっこうレモン汁は使われているらしいですね。

 

また、カロリーはそれなりにあります。
(糖分使っているので)

 

だいたいなんですが、わかりやすいのはヤクルトの容器ですかね?
ヤクルトの小さい容器。あれで65ml入ってます。

 

それと同じ量のシロップを使うと、だいたい130カロリー前後になります。
これも、シロップによって多少は差が出て来てしまうと思うんですけど、
使ったシロップの量を2倍にして、その前後がカロリーと考えるとわかりやすいかも知れません。
例えば100mlのシロップを使えば、カロリーは200キロカロリー前後になってくるはずです。

Sponsored Link

 

 

 

かき氷ブルーハワイ味はいつから売っていた?

かき氷では、メジャーな味が使われています。
だいたい多いのは、イチゴ味、メロン味、レモン味、ブルーハワイ味でしょうか?
他にもミルク金時みたいなのもありますけど、まあシロップだけに限って言えば、この4つくらいですね。

 

僕が子供の頃も、この4つくらいだった記憶があります。
いつもイチゴ味食べてたっけなあ・・・
そういえば、ブルーハワイ味っていつからあるんでしょうか?汗

 

 

気がつけば、普通にかき氷のラインナップに入っているブルーハワイ味。
「イチゴ」みたいな明確な味がわかるわけではないけど、夏祭りとかでは食べている人がけっこう見かけられたブルーハワイ味。

 

僕が子供の頃も、確かにブルーハワイ味はあったし、食べている人もけっこういました。
いったいいつからブルーハワイ味は存在するんでしょうか?
謎だ・・・

 

 

調べて行くと、ブルーハワイ味は「カクテル」から来ているみたいです。
カクテルだと、ブルーキュラソーを使った「ブルーハワイ」というカクテルがあります。
それだと、そのカクテルが出来た後?

 

いろいろ調べて行くと、詳しい時期はわかりませんでした。
ですが、1960年代くらいには、すでにブルーハワイ味はあったみたいです。
あれ?思ってたより歴史が深いな?
確実に50年以上、下手すれば100年近い歴史があるって事でしょうか?

 

 

ブルーハワイ味の詳細がわからないのは、当時はネットなどがなく、詳しい歴史が残ってないからでしょうね。
でも、なんとなく戦後から出来たような気はしてます。

 

戦後から、だんだんカクテルみたいなのも日本の中に入ってきて、その中のブルーハワイをイメージしてかき氷のシロップを作ったのが最初じゃないでしょうか?
カクテルのブルーハワイが流行したのは1980年代みたですが、
ブルーハワイ自体は、もっと前から存在していたはずです。

なので、かなり歴史は古いんだと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。