カーター・スチュワート投手の年俸や球速や球種は?ソフトバンク入団

どうもです(・ω・*)

メジャーリーグで超有望株のカーター・スチュワート投手が、日本に来るかも知れません。
ソフトバンクと契約合意という報道があったんですけど、メジャー入りが確実視される19歳の選手が、メジャーに入る前に日本の球団に入団するとなると、超異例になります汗
今までに、こんな事はなかったですよね。
これが前例になるかも知れません。

Sponsored Link

 

まずカーター・スチュワート投手の年俸になるんですが、メジャー入りする時は、4億円くらいの予想だったみたいです。
ですが、手首に不安があり、年俸の予想額が2億円ちょっとまで、下がったようですね。

 

この「手首の不安」というのは懸念材料ですけど、ソフトバンクがいけると判断したと言う事は、
それなりに、状態は良くなってきているのかも知れないですよね?

 

 

そして、ソフトバンクはカーター・スチュワート投手を、
推定額ですけど、6年7億7000万円の年俸で契約をしようとしているみたいです。
(契約合意というニュースはありましたが、正式発表はまだです)

 

いくらメジャーリーグの有望株(ドラフト1位選手)でも、まだ19歳の選手に6年間で約8億円支払うって、なかなかですよね。
現在は大学生らしいですし、ここも驚きです。

 

メジャーでドラフト1位って、相当良い選手というのはあります。
素材はもちろん、話題性も抜群ですよね。

 

カーター・スチュワート投手も、もしメジャーリーグのチームと契約していたら、年俸は2億円ちょっとなんですよ。
しかも、最初はメジャーじゃなくて、マイナーリーグで野球をやる事になります。

Sponsored Link

 

 

まだ契約期間はわからないですけど、もし日本で実力を示せたら、メジャーに入団する時に、10億円以上の年俸で帰れるかも知れないですよね?
そうなればソフトバンクにもプラスですし、面白いと思います。
何故か日本でプレーした後にメジャーに行く外国人選手は、活躍する事が多いですしね。

 

阪神タイガースにいたセシル・フィルダー選手なんて、メジャーリーグでは1シーズンで10ホームランくらいの選手でした。
その選手が阪神タイガースに来て年間38ホームランを打って、メジャー復帰した翌年には51ホームランでホームラン王に輝きました。
メジャーリーグだけに限っても、年間10本前後から、2年後に50本超えですもんね汗

 

 

 

あ、カーター・スチュワート投手の話に戻ります。

 

カーター・スチュワート投手の球速ですが、キロ数に直すとマックス158キロです。
ただ、まだ19歳という年齢から考えても、
将来的には160キロを超える可能性が高いです。

 

変化球は、縦に割れるカーブが得意みたいです。
いわゆるドロップカーブでしょうかね。
ドロップカーブの球速は135キロくらいらしいです。

 

他にはチェンジアップが投げられるそうですが、そこまで得意ではないと言う事もあり、ストレートとドロップカーブで勝負するタイプの投手になるのでしょうか?
コントロールはけっこう良いみたいです。
160キロ近いストレートと、135キロのカーブ。
身長も2メートル近くあり、緩急差もあるのでなかなか打ちづらいですよね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。